産後うつを治療しよう~ケアで悪化をカッティング~

男性

産後に発症する鬱の症状

先生

産後に発症する事

産後突然発症する鬱の事を産後うつと呼びます。これは子供が生まれる事の肉体的な疲労と、生活環境の変化による精神的なストレスが発症の引き金となります。産後の母親は、出産による疲労を癒す暇もないまま育児を行わなければなりません。そして退院してから暫くの間は繰り返し授乳を行う必要があり酷い睡眠不足に陥りますが、そこに家事等の仕事が加われば更に母親に負担がかかります。この時期に周囲によるサポートがあれば母親の負担もかなり軽減されますが、そうでない場合にはかなりのストレスが掛かってしまうのです。そして産後うつを発症しやすいタイプとは、真面目で几帳面な完璧主義な女性です。育児や家事に手を抜く事が出来ずそれが更に精神的、肉体的なストレスへとなってしまうのです。この産後うつの発症を回避する為には何事も自分自身で解決しようとはせず素直に周囲に頼る事です。そして初めての育児の場合は分からない事だらけで戸惑ってしまう事も多く育児に対しても神経質になりがちですが、上手く体の力を抜いて頑張りすぎない事です。そして産後うつの初期症状として食欲減退、憂鬱、孤独感、自殺願望等があります。この様な症状に気がついた場合には、産後うつを疑い直ぐに病院を受診する事です。この産後うつの発症は、生活環境が関与している他に産後のホルモンバランスの影響も深く関与しています。産後うつに陥った場合は非常に辛い状況に陥りますが、医師に相談する事で必ず改善させる事が可能になりますから心配する必要はありません。

増加傾向にある内容

現代では産後うつは増加傾向にあり、その原因に考えられるのが高齢出産の増加と核家族化です。高齢出産の場合の母親は体力が消耗しやすくなり、更にホルモンバランスの崩れが一気に押し寄せるので産後うつを発症しやすくなる事が分かっています。そして妊娠前まで社会でバリバリと働いていた経験のある女性が多く、産後の環境の変化に社会から孤立してしまったかの様な寂しさを感じやすくなるといった事も考えられます。更に現代では、核家族化の進行により身近に頼る身内が存在せず育児や家事を全て自身でする必要があるケースも珍しくありません。更に父親も育児に対する理解や知識がない為に、上手く妻をサポートする事が出来ずやがてその負担が妻を産後うつへと追い込んでしまうのです。今後も高齢出産の増加と核家族化が進むにつれて産後うつを発症する女性が更に増加していくのではないかと考えられます。産後うつを防ぐにはまず周囲のサポートが大切ですが、発症しない為に母親自身が予防策を行っていかなければなりません。産後うつを発症させない為には、家事や育児全てを完璧に行おうとしない事です。そして赤ちゃんの鳴き声がストレスになる事がありますが、赤ちゃんが泣く事は当たり前だと言った様に大らかな気持ちで育児をこなしていく心がけも必要です。生まれたばかりの赤ちゃんは泣いて意思表示を行う事しか出来ず成長するにつれて必ず育児は楽になります。そして肉体的な疲労は精神的な疲労を更に悪化させる原因にもなりますから、家事は後回しにして赤ちゃんが寝ている合間にしっかりと睡眠を行う事です。

Copyright© 2015 産後うつを治療しよう~ケアで悪化をカッティング~All Rights Reserved.