産後うつを治療しよう~ケアで悪化をカッティング~

女性

産後に発症する鬱の症状

先生

産後うつを悪化させてしまうと最悪の場合自殺に繋がる場合もあります。しかしこの産後うつは初期症状に早く気付く事で完治する事が可能となります。産後うつによる辛い症状が出てきた場合には早めに医師に相談する必要があります。

View Detail

家族とおおらかさが重要だ

男性医師

産後うつは出産三か月以内に発症する心身の不快感です。身体や環境の変化、思い通りにならない育児などが主な原因です。家族の理解と協力が不快感解消の助けになります。またおおらかな考えでの子育てが産後うつになりにくくしてくれます。

View Detail

産後の変化

悩む男性

産後うつになると心や体に変化が見られるでしょう。自分では気づかないまま頑張り過ぎてしまうこともあるので、周囲の人のサポートも大切なのです。産後うつは女性だけではなく、男性にも起こることのある病気です。困った時は人に相談することが大切です。

View Detail

出産後の精神症状

女性

周囲の言動も一因です

出産後の女性に多く発症する産後うつは、多くの場合ホルモンが関係しています。ですが、この手の産後うつをさらに悪化させてしまう要因は意外にも日常生活の中に潜んでいることがあるのが厄介な点です。例えば、夫を始めとする周囲の言動が挙げられます。出産後は、当然のことながら女性を取り巻く環境が大きく変わる時期です。このような環境の変化は、夫である男性にとっても少なからず影響を与えます。出産前に比べて家事が行き届かなかったり食事の用意が疎かだったりすると、男性側がつい女性を責めるような言葉を吐いてしまうケースがあるのが問題です。こういった言葉は、デリケートな精神状態にある女性にとって大きなストレスになります。時に自信喪失や自己否定感に繋がることがあり、産後うつの症状を一気に加速させてしまう要因です。産後うつは重症化すると、不眠や不安感が増大し育児にも支障をきたすようになります。ですので、男性は特に出産直後は言動に注意を払うことが必要です。現在では育児に積極的に参加する男性が増えてきています。ですが、女性の精神的なケアに関しては未だ余り知られていないのが本当の所です。心療内科や精神科、婦人科などを中心に少しずつ産後の女性のケアが行なわれるようになりましたが、現時点では欧米のような徹底したケアが出来ていないことが多いです。産後うつについて広く知られるようになってきたことは一つの進歩であり、今後は周囲が意識して出産後の女性のケアを行なうことが必要となります。

行き届いたケアが人気です

心療内科や精神科の中には、現在産後うつの専門的な治療を始める病院が登場しています。このような病院では、カウンセリングなどを行なって治療をスタートさせるのが一般的です。女性が好みそうな柔らかな雰囲気に院内スペースを整え、リラックスして話が出来るような環境を作り上げています。女性医師が常駐する病院も多く、症状を話しやすい体制が特徴です。アロマテラピーなどを積極的に活用している病院もあり、心身共に開放感に浸れるのが大きな魅力と言えます。このような病院には、産後うつの症状に悩む方が多く訪れている状況です。産後うつは、一般のうつ病とはアプローチ法が異なることがほとんどです。原因が比較的明確であるため、一時的な症状として通常は認識されています。抗うつ剤などの使用に関しても、この手の病院では相談が可能です。授乳中は薬が適さない場合があり、漢方やアロマテラピーの力に頼るケースも多々あります。このような代替的な方法が選択出来る点も、産後うつを治療する心療内科や精神科の利点です。出産後に生じる産後うつは、現れる精神症状にも多くの場合共通点があります。自責の念やイライラ感、家族への不満などが主な症状であり、原因を掴むことで改善への道が開けるのが一般的です。今後の育児への不安に関しても、専門医は医学的アドバイスが出来るため、心細さを感じている女性にとっては大きな支えとなります。産後うつに一定の理解や共感が得られることも、専門医の診療が人気を得ている一因です。

Copyright© 2015 産後うつを治療しよう~ケアで悪化をカッティング~All Rights Reserved.